購入特典のおまけや販促品として

暖簾 顧客を見せに赴かせるためには信頼性以外で、しっかりと広告を出して
店の位置やどんな品を出しているのか目で見てわかる形であらわす必要があります。

現在では無線ランによるネット通信によってスマホで検索が可能になっていますが、
それでも昔ながら広告方法である軒先に設置するのれんの役割はとても大きいものです。

のれんはお店の名前と商品そして色彩豊かな装飾の染め物を棒にさすことによって、
そのきれいな絵柄に品物を求める人の目に留まりやすくなりお店に赴いてもらえる確率を増やしてくれます。

そのためインターネット最盛期である今日においても設置するお店は多くのですが、
ただ広告効果が高い反面ある悩みに直面するお店も多いです。

のれんは道端に大量に設置しないと効果を発揮しなくてはならないため、大量に購入しなければならないのですが
本染で行うと同じ図柄で染め上げるためには、高度な職人技が必要になるので値段と大量生産が難しい側面があります。

のれんの役割

そこで目で見てわかりやすい広告であるのれんをこれからも設置したいというニーズとともに、
同じ図柄でありながら比較的安価に入手が可能なのが染めプリントである昇華転写捺染という方法なのです。

染めプリントである昇華転写捺染は、事前に描いてほしい絵柄や文字、そして商品の情報を画用紙にまとめておき、
それを昇華転写捺染専門店に依頼して送ります。

昇華転写捺染専門店に送ると予め予約しておいた指定した記事を寸法を測って切り取り、
それを専用のプリンターに設置して染め上げるのです。

この染め方法のメリットは、事前に予約した絵柄をパソコンで取り込んでおくことで
必要な時に申請を出せば入手が可能になります。

設置費用

さらに本染の場合両面に染め上げるとなると熟練の技工士が必要になりますが、
染めプリントである昇華転写捺染は専用のプリンターで印刷するだけなので
寸分狂いなく同じ絵柄で印刷が可能です。

これらの点からのれんが必要だとわかっていても、その設置費用を抑えたいという人におすすめといえます。