耐光性が強み・顔料染め

暖簾 のれんは店舗やメッセージを生地に印刷して、来客を動機付けたり
広告宣伝効果をねらったりすることが動機になって作成されることになります。

動機づける

例えば何の料理をメインにしている店舗なのか、店名と食材や全体のメニューの方向性などを
目にしたものが、たちどころに理解できるように作ることがポイントになります。

その目的実現には文字のフォントやデザイン性、生地やその色合いなどの選択を行うことになるのです。

ただ何を公衆に訴求するにせよ、のれんは屋外で外気にさらされ、風雨にも見舞われることになるのは確かです。
長年使用を継続することを前提にしていることから、耐久性も十分備えることが求められるのです。

なかでも問題になるのは紫外線にさらされたり、雨水に吹き付けられることによって
経年劣化は不可避な点が問題です。

のれんの染めプリントでは何をもって、印刷するのかによって大別して染料染めと顔料染めに分類することが出来ます。
これは色味を出す原料の違いによる分類ですが、それぞれに特徴を持っています。

染料染めは、文字通り指定の色合いをもった染料を駆使して印刷する方法になります。
この染色のメリットは発色の鮮やかさを有する点にあります。

暖色系の色ならより強烈なインパクトを与えることが可能です。
鮮やかな外見から、公衆の視線を誘引するメリットがあるのは確かです。

しかし紫外線にさらされると、短時間で褪色してしまうデメリットを抱えているのです。
そのため、外気や日光にさらされる環境では、劣化が早いことになります。

屋外の使用

これに対して、染めプリントのなかでも顔料染めでは鉱物や土などの顔料が持つ色合いを利用して印刷することになります。
安定性が高い鉱物が使用されることが多く、長時間安定した発色を期待できます。

紫外線の暴露にも強く、屋外に設置するのれんに使用しても、長時間褪色することなく安定したパフォーマンスを発揮する訳です。
鮮やかさでは染料系に劣る場面もありますが、強靭性の面では顔料染めには敵いません。

のれんの染めプリントをご検討するなら、顔料染めをお勧めします。